読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近、話題のこと。

 

まだ、書き途中の、この夏を振り返るブログとか、ピングレについてとか、いろいろあるのに、最近のもやもやが止まらず、真夜中にこれを先に書いてしまった。

 

 

最近話題の。というか、一旦落ち着いたかもしれないけども。

チケットの高額転売反対声明が出たとおもったら、急に動き始めた、チケットの本人確認。

 

確かに最近の、恐ろしいくらいの高額転売は、確かに倫理的にどうかと振り返れば、思う節も見あたるが、わたしはそこについてよくわからない。

 

でも、等価交換や等価譲渡すらいけない。というのがどうしてもゆるせない。

たしかに、チケットの裏面には、譲渡禁止的なことも書いてあった気がするが(現在、確認できるチケットが手元にない)

元々、それすら古い考えであって、

 

この、ご時世、仕事だって学校だってある。ある日突然、身内が死ぬことだってある。

なのに、「行けない可能性があるなら申し込むな」の一点張りの、あちら側にいらっとする。

 

いやいやいや、あなたたちは神様なのですか?

医者ですら、余命2週間ですと言い放っても、1ヵ月でも、2ヵ月でも生きる人間たちをわたしはこの目でみてきた、

 

寿命がわかるようなら、そんな目をお持ちなら、どうか、この世のもっと素晴らしいところに力をお使いください

といってやりたい←

 

つまり、何が言いたいかというと。

世の中には何が起こるかなんて、誰もわからないのに、それすらも、許されない状況を作り出してるのが本当にいらっとする。

 

チケット代だって、安くはないわけだ。

1公演に6000円から1万円はする。

もしも、このなにも対策されない状態でランダムな本人確認が続いたとしたら、

申し込んだ本人が行けなくなった時、そのチケットはパーとなる。一緒に行きたかった友人がいたとしたら、友人も行けなくなるわけだから、友人からもお金なんてもらえるわけもなく。

だいたい、2~4枚分のチケット代が損するわけだ。

高ければ4万円超だ。

 

あちら側は、席が空くだけで、金銭的な損にはならず、

買い手のこちら側だけ、大損をしてまで、コンサートに行かなきゃいけないのか??

そんな大きな賭けのためのコンサートなのか。

元々、そんな趣旨で、コンサートをしてるわけではないでしょ??

 

 

 

この一件があって、わたしたち自身の意見ばかりだと偏りが出ちゃうから、

経済学の専門家の話も読んでみた。

 

もう1度この記事を読もうとしたら、会員登録をしなきゃ続きを読めなくなっていたので、やめてしまった。笑

なので、覚えてる限りのニュアンスなので、書いてあったのとは、違うかもしれない。

 

 経済学的に転売は違法ではないらしい。

逆に言うと、主催者側の「私達が決めたルールを絶対的に守りなさい」という方が、資本主義的には、問題があるらしい。(そういうニュアンスの話をしていた)

結局、ランダムな押し付けな本人確認は、やはりおかしいところがあるわけで。

 

本人確認がこれ以上加速すれば、コンサートが何回もいけなくなるわけで。

どうして、好きなアーティストのコンサートに何回もいっちゃいけないって誰が決めたのだろうか。

 

たしかに、一般人から見れば、同じコンサートに何回も行く理由がわからないと言われるが、

わたしとしては、同じコンサートじゃないし、毎回、違うんだよ。といっても、まあ伝わらないのだけど。

 

でも、売れない時代は、何回も足を運んでくれるお客さんに、助けれたわけで。

売れてしまいば、そんなのいらないになってしまうのだろうか。

 

某気象系国民的なアイドルグループのある発言がこの前発売されたコンサートDVDに収録されてて、わたしはとてもとても悲しかった。

 

 たしかにあのグループのfcの会員数は異常だし、世間でさえ、チケットの取りにくいアイドルとしても、有名だ。

ファンの中でも多ステ反対信者も多いし、別にそんなのはいいんだよ。

でも、多ステに助けられて時代があったのに、もう多ステすることさえ、本人達からすら許されないんだ。

という遠まわしな発言が、私にはとても悲しかったのだ。

 

 なんか話の趣旨がズレて来てしまった気が。笑

 

逆にいえば、彼らだって、高額転売の現状や問題はわかってるからこその、発言だったのかもしれない。

否定してるわけではないので、お許しいただきたい

 

つまり、まとめると、これからも本人確認をしていくというのなら、

せめて、公式の交換、譲渡サイトを作るべきであると思う。

 

あちら側の人間ばかりが強いなんて、いつか必ず崩壊するだろう。

 

この一件があり、アーティストはなにも悪くないのに

アーティストさえも嫌いになってしまいそうな状態が自分自身がとても不快に思う

 

どうかこの問題に、決着がつきますように。

 

 

 

 

8/6 ARASHI "Japonism Show" in ARENA MCレポ

 

至急残しておきたいレポのメモはTwitterに残しました。

 

覚えていられる限りの、MCを流れを追ってかけたらなーっと思って残します。

書き損ないもあるかとおもいますが、あたたかい目でみてもらえればいいかと思います。笑

要するに、私的メモまとめです。

 

******************

 

みんな:いえーい、いえーい!

誰か変な声出してたw

 

松本:みんな着いてまじで長野ってこんなに長野って暑いの?って言ってたよ。いや、暑いってのはわかっていたけどさ、どこか涼しいイメージあったじゃん?

 

二宮:冬季オリンピックもやったしね?

(この時東京オリンピックって聞こえた(笑)

からか、会場も含め、メンバーも一瞬、ん???

っていう間があった)

 

櫻井:ああ、冬季オリンピックね。だって、ただいま?おかえり?

相葉:おかえり!

メンバー:ん?ただいまじゃない??

二宮:いやいや、なんでそんなに(おかえりって)自信もって言うのよ(笑)

メンバー:(笑)

櫻井:ただいまのとき、ムビステでいくときみんな本来のうちわの使い方してたもん。笑

 

相葉:今回のアリーナツアーで一番広いんだもんね

櫻井:ここにスケートの400mトラックとかつくるんだもんね??

会場:まばらに、そうー!などという

櫻井:すみません、見切りなまま話してるものでして自信なくて

松本:地元じゃない人たちもたくさんきてくれてるもんね?

相葉:アリーナがこんなに広いことないよね。

松本:ドームと同じくらいだもん。1万人入ってる。

相葉:ほっかいどーむ いや、札幌ドームだった

二宮:ほっかいどーむってw

相葉:北海道のどうにひっぱられちゃったんだよ

 札幌ドームと同じくらいアリーナに入るんだね

大野:アリーナ広くていいよね。地平線みたい。

櫻井:じゃあ1回全面青にしてもらえば?

 

会場が全面青のペンライトになる、

 

大野:おおお、きれい。海みたい。これずっと見て酒飲めるわ。

二宮:いや、動いてくださいよ(笑)

櫻井:大野さん、長野はどうですか?

大野:鹿児島も暑かったけど、長野も暑いねー!

楽屋も暑かったー

松本:これ、取り方間違えると、クレームになるからね(笑)

 

櫻井:長野におじゃましたのは、ソチの取材のときに来たんだけどね

相葉:その帰りに食べたおそばやさんが美味しかったんでしょ?

櫻井:えー?えー?そんなとこいったっけ?

ZEROの取材だったからさ、ZEROの前にいったんだよ、月曜日だったんだよなー。そば食べたっけーいやー覚えてないな。

二宮:ポンコツ占い師じゃないですか。

相葉:メイクさんが2年前に長野来て美味しい蕎麦屋に行ったっていってたから、てっきり同じ話かと思ってたよ!すみません。

二宮?櫻井?:いいんです、反省してください(笑)

 

松本:長野は2007年以来だからか、おかえりとか長野に来てくれてありがとうっていううちわもたくさんあって、当時のうちわを持ってくれてる人もいて。

櫻井:鹿児島の時、Jrのうちわ持ってきてる人もいたよ

松本:ひとつ聞きたいんだけどさ、Jrのころのうちわもってきてる人ってさ、その頃が一番好きだったの?それとも、その時から好きだったの?

メンバー:いや、その時から好きだったってことでしょー?

櫻井:その頃がいちばん好きだったってw

二宮:その時が一番好きだったとしたら、俺、坊主だよ?坊主のときが一番好きだったことになっちゃうよ(笑)

松本:自分のJrの頃のうちわ振られるのはいいんだけど、ほかのメンバーのJrのうちわ振られても困るんだよね。たぶん近くに来て興奮してるから仕方ないとは思うんだけど、、、

 櫻井:今日は誰の振られたんですか?

松本:翔くんの。

櫻井:そういうときってどんな反応するの?

松本:ただただ苦笑いするしかないよね(笑)

櫻井:うちの子がすみせんでしたね(笑)

 

松本:(Jrの)ピンクのうちわ って今でもあるんだっけ?

会場がちらほら、なーいと。

櫻井?相葉?:うちわになるまでにすごく時間がかかったよね?

二宮:人気のJrがうちわになったからね。俺は坊主の記念にって言われて、撮ってもらったけど

櫻井:坊主枠なんてあったんだ(笑)

 

大野:プリクラもあったよねー

メンバー:あったあった

大野:自分のを自分ので撮りたかったけど、怖くてチャレンジできなかったよ(笑)

 

静まる

 

松本:もう長い時間いるとたくさんいろいろ出てくるよね(笑)

メンバー:うんうん

 

櫻井:さて、宣伝行きましょうか(笑)今、撮影中の御三方からどうぞ。誰から行くー?

二宮:僕から行くー!(この言い方もとても可愛らしく言ってて、33歳には思えなかった(笑)

 

二宮がラストレシピについて説明。

二宮:昔のレシピを辿っていくてきな。

櫻井:プラチナム

二宮:プラチナデータね。笑 俺が話すと面白くないけど、すごい面白いからね!

櫻井:原作読んだ人ー?

会場 ほとんどいない

二宮:原作長いからね

 

大野 忍びの国について説明するまとまらず。

櫻井:下手くそか(笑)

二宮:そんなに「わたくし」挟みますー?笑

相葉:映画近くなって、番宣のときとかどうするの?

大野:その時までにはちゃんとする

 

櫻井:映画ってどんな感じー?アクションとかもあるんでしょ?

大野:あるある。だからね、すごい着込んでるんだよ。だから暑くて……

櫻井:爆笑

いや、たしかに裏話はいいんだけどさ、あなたの本当の裏話だとネガティブで……

大野:だって裏話聞きたいでしょ?

 

松本:ナラタージュについて

櫻井:ナラタージュって何語?

松本:何語っていうか、、、主人公の目線から物語を見ていく感じで。

櫻井:恋愛映画ですか?

松本:恋愛映画です。

富山で撮影しててね、新幹線でいってたんだけど、長野経由だから、長野ー長野ーっていうの聞いてたんだよ。だからなんだっていうんどけどさ

もう俺は富山での撮影は終えて、全体もそろそろ終わるかな。あとは都内で撮影する。

富山から来てるよーって人、どれくらいいる?

 

会場けっこう手が上がる 

 

松本:ぜひ、富山の方、見て欲しいな、

櫻井:ああ、ここだーってわかるようなとこで撮ったの?

松本:うーん。けっこうレトロな建物で撮影したりしたからね。

 

櫻井:俺が出てるわけじゃないけど、今日からオリンピックがはじまりました!

リオへは来週行ってきます。お会いする方々に、気をつけてー気をつけてーと言われますが、気をつけ方がわかっておりません。笑

相葉:でもボルトに会えるんじゃないの?

櫻井:ボルトに会えたら抱きつこうかな

相葉:抱きついたらつまみ出されてる姿、テレビに流れちゃうよ

二宮:こうやってさ(自分の首の襟を掴んで、つまみあげられた真似してた

 

*******************

 

全体としては、こんな感じでした。

拙いメモと記憶力だけを頼りに書いたので

間違ってる部分もたくさんあるかとおもいますが、ご容赦ください。

 

最後まで読んでくれた方いましたら、ありがとうございました。

 

 

 

 

プロローグ、

久しぶり、ブログなんぞ開設してみた。

ただ、今回、ピンクとグレーの公開にあたり、7回という(笑)松本さんや二宮さんの主演映画を超える、回数を見てしまい、いろいろ考えたこと多かったのである 。

それを言葉として書き留め、形として残しておきたいなあと思い、開設してみた。

…と書いたのは今年の2月(笑) 実際に開設したのは今年の2月で、ずっとピンクとグレーの内容を上げたかったのに放置していただけ(笑)

大したことが書けるかと言ったらそいうわけでもなく、 レポも挙げられたらいいな程度(笑) 運良く、嵐のアリーナに行かせてもらえるので、そこはがんばれたらなーとか思うけど、どこまでできるかは不明(笑)

ただの自己満(笑)

というわけで、 いざ!